TOP

clearBoth

塗装

住まいを長持ちさせるには?

「雨」「風」「紫外線」などから住まいを守ってくれる外装・屋根は、築年数を重ねるごとに汚れ、老化や風化していきます。そして、そのまま放っておくと、家の中まで痛んでいくことにもなりかねません。
ちょっとした心配りで定期的にメンテナンスをする事で、大事な住まいそのものの寿命を延ばすことができます。
外壁・屋根の表面に塗膜を塗り、愛着のあるお住まいを、さらに長く暮らし続けていきませんか?
当社は『生かす会社』です。
今一度、家の外回りのチェックをなさってみてください。

外壁の塗り替え塗料を選ぶ3つのポイント

住まいのライフサイクルを未来へ繋げる

住宅の品質を維持させながら、子から孫へと住み続けていくためには、メンテナンスが必要です。
従来の外壁塗料の寿命は7~10年と言われていますが、これでは住宅寿命の間に2~3回の塗り替えが必要となってしまいます。(日本の住宅寿命は約30~40年「総務省住宅統計調査より」)
そこで、12~15年の寿命を持つ塗料を選択すると、塗り替え回数を1~2回に削減することができます。
住み慣れた我が家を大切に、次の世代へと繋げていきましょう。

環境に優しい塗料

塗り替えをする場合には周囲への配慮も大切です。使用する塗料には水性系が最適です。嫌な臭いもなく、取り扱いも安全であるため、人にやさしい塗料です。

汚れやカビから住まいを守る

新築から10年以上も経つと、ベランダに見られる筋状の汚れ、庭木の周囲や北面で発生するカビ・藻による汚れなど、様々な汚れが目立ってきます。現在の塗料技術ではカビや藻などの汚れを根絶することは不可能ですが、長期間にわたって防止することは可能です。
そのためには、下塗りから上塗りまでカビ・藻を防止する機能のついた塗料を選択することをお薦めします。

お客様のお家、点検してみてください

こんな症状がでてきたら要注意!

お客様の住宅、調べてみると!?

【外壁】
1.変色・退色が激しい
2.手でさわると白い粉の様なものがつく
3.塗装膜がはがれている
4.目地部分に隙間やひび割れがある
5.サイディングが割れていたり反っている
6.ひび割れが起きている
【屋根】
7.変色・退色・塗膜が剥がれている
【木部】
8.変色・退色が激しい
【鉄部】
9.錆びている

なんてことあったら大変です。
当社が責任を持ってリフォームいたします。

clearBoth